レンズにおまかせ

眼へのダメージは見落としがち。ほとんどの人にとって視覚は最も頼りにする感覚であるのに対し、眼の健康に関するケアは後追いになっています。

視力1.0はもちろん良いことですが、ヘルシーサイト(より良い視覚)が意味するのはそれだけではありません。紫外線、まぶしさ、眼の疲れによって、日常的に眼に負担がかかっています。トランジションズレンズは光の変化に応じて濃度が変わり、こうした過度な負担から眼を守ります。





眼の疲れは困りもの

一般のクリアレンズでは、眼は光の変化に応じて常に調節を行っています。たとえば、眼を見開いて見たり、逆に眼を細めるといった動きです。何でもないことのように思われますが、一日それを繰り返していたら眼の疲れやストレスにつながります。トランジションズレンズなら適度な光をとり入れる働きをするので、眼を酷使することはありません。眼は過度に緊張することなく快適なまま一日を過ごせます。




肌だけでない紫外線ダメージ

紫外線は見たり感じ取ったりできないものの、一年を通して存在しています。皮膚と同じように、眼も保護することが必要です。紫外線によるダメージは蓄積する性質があり、眼が太陽にさらされる度に増大。紫外線のUVAとUVBは、一時的な視覚障害のほか、加齢に伴う白内障など重症化の恐れがある眼病の一因となりうる、という研究報告がされています。また紫外線は、高齢者の失明原因として上位にあげられる黄斑変性症の一因となる可能性もあります。

トランジションズレンズは、見えない紫外線UVAとUVBをほぼ100%カットし眼を保護するのに役立ちます。






まぶしさの中でもスマイルを

まぶしさはうっとうしく、そして場合によっては危険にもなります。まぶしさの原因は単純で、過剰な光です。トランジションズのレンズは光の変化に素早く対応するので、万全のまぶしさ対策となります。どんな状況でもちょうどいい量の光を眼にとり入れて、屋外でのまぶしさを防ぎます。



目を保護するために子どもの時から始めたいこと

子どもの眼も保護を必要としています。実際、紫外線を浴びたことによる眼へのダメージを、子どもは大人より大きく受ける危険があるのです。10歳以下の子どもの眼が、大人の眼と比べて6倍以上もの紫外線量を通過させてしまうことを考慮すれば、子どもの眼を保護するのに早すぎることはありません。

しかしながら、子どものために「眼のケアをしてあげなくては」とは思ってはいても、「色」のついたレンズは、周りの大人の目を気にしたり、いじめられたりするのではと親としては気がかりですよね。ただ、トランジションズを海外の子ども達は普通に掛けています。子どもの眼の健康のために、まずは大人の偏見もなくしていかなければいけません。

「色」のついたレンズに対する偏見をなくすためにもトランジションズは、さまざまなキッズ向けの啓蒙活動を実施しています。地球環境は変化しています。日本人の意識の変化も大切ですよね。